kurokigoishiten

書道家「岩尾諭志」制作 『龍門飛躍(りゅうもん ひやく)』(額装)

0件
¥228,000

税込み 送料計算済み チェックアウト時

書道家「岩尾諭志」制作の『龍門飛躍(りゅうもん ひやく)』です。

宮崎市在住で、「墨と筆で和紙に書す」に囚われず、「書」の可能性を拡げ追求し続けている書道家「岩尾 諭志(いわお さとし)」氏の作品です。
「龍門飛躍」とは、「大きな困難を乗り越えて成功を収めることを意味し、鯉が竜門の滝を登り切ると龍に変わる」という中国の伝説に由来する言葉です。
金箔地に、「天を翔ける龍」、「富士山、「満月」と「龍門飛躍」の文字が、荒々しくも神々しく力強い筆致で書された作品です。

岩尾氏はこの作品制作について、「大きな困難を乗り越えて成功を収めることを意味します。
中国の伝説に由来し、鯉が竜門の滝を昇りきると龍に変わると言う話から来ています。登竜門と同じ意味です。
日本一高い山を自らの困難とし、越える意味を持たせました。
そして赤富士、松、日の丸と言う縁起の良い景色を描き、龍を松に見たて表現しました。新年初めに大きな震災がありました。
初詣中に、被災された方もいらっしゃいます。それでも強く生きて行かなくては行けません。少しでも、運気を上げるお手伝いが出来る様に願っています。」と語ってくれました。

作品は、タテ536㎜、ヨコ443㎜、木製パネルの額縁入りです。

書道家 岩尾諭志
略歴
宮崎県出身 書道歴29年
NHKの「あさイチ」に出演し、博多華丸・大吉氏、温水洋一氏に書き初めを指導。
2018年・2019年、フランス・パリで開催された「JAPAN EXPO」に招待出展。
2018年・2019年、書家バトル鴉書道パフォーマンス全国大会準優勝。

書道パフォーマンス、書画作品、壁画、店舗等のロゴ作成などで作品を制作、活動中。

  • 書道家「岩尾諭志」制作『龍門飛躍(りゅうもん ひやく)』
    額縁入り
    *こちらの作品は、濃墨を用いて制作されています。
    サイズ:タテ536㎜ × ヨコ443㎜ × 厚さ36㎜
    重量:各約1.9kg

  • 日本国内一律1,000円、合計20,000円以上お買い上げで送料無料。
    日本国外への送料は実費をご負担ください。

  • 在庫残り1個!

    この製品を見た方におすすめ

    最近閲覧したもの