黒木碁石店

盤師 吉田寅義製作 新榧製卓上碁盤 天地柾 2.9寸 1枚盤 *訳有品 No.79040F

0件
¥79,000 ¥95,000

税込み 送料計算済み チェックアウト時

盤師吉田寅義製作の新榧製 卓上碁盤 天地柾 2.9寸 1枚盤 *訳有品です。
盤師吉田寅義製作の証「一如 作」揮毫入りです。
目盛は国産本漆を使用した太刀盛りで素晴らしい仕上がりです。
吉田寅義特有の細く繊細な線が上品さと美しさを醸し出しています。

厚み2.9寸(約90㎜)、約7kgの重量で、重厚感、存在感十分の1枚盤です。
新榧材らしく天面木口の天地柾の木目がまっすぐに通った、非常に美しい盤です。

片方の木口に閉じ割れがございます。
底面に極小の入り皮名残りがございます。
*画像をご確認ください。
碁石・碁盤・駒・将棋盤・碁笥等の素材は、天然の原料を使用しているため、どうしてもキズやシミ、割れ、節などの瑕疵*(かし)によって正規品にならない製品もございます。
または、製造過程や保管時にキズが発生することもあります。瑕疵の程度が大きいものは製品になりませんが、多少の瑕疵をご理解いただいた上であればお得な製品を「訳有品」として販売しています。
製品ごとに可能な限り文章と画像で説明していますので、瑕疵の内容を十分ご理解頂いた上で是非ご検討ください。
*「瑕疵(かし)」…キズや欠点

新榧材は、『新榧(しんかや)』と呼ばれていますが、本榧とは別物の主に北米産のスプルース材です。
スプルース材は、まっすぐ成長するため大きな材がとりやすく、無臭で油分も少なく加工しやすいという特徴があり、流通量も十分なため比較的安価な盤を製作な事が幅広く使われている理由です。
新榧(スプルース)材は、盤材として最高級とされる「榧材」と比較すると品質が落ちるのは否めませんが、比較的安価で木目、木色が本榧盤とよく似ているため、広く使われています。
打ち味は、本榧・日向榧盤と比べても遜色なく、変形や割れヒビも入りにくい素材です。
スプルース材は、家具や建材のSPFとしても使われていますが、榧材とは異なり経年による木色の変化等の劣化が大きく現れるため、耐用寿命は短いとされています。


碁盤については、「碁盤の選び方」で詳しく説明いたしております。是非ご覧ください。
『天地柾』(てんちまさ)は、 「天から出た木目が地へ」と言う意味で、天面から底面に柾目が通っています。
天面と底面に板目が出ていない美しい盤に仕上がります。
天面と底面が柾目で側面に板目が出ている場合は、『天地柾』に分類されます。
天地柾の盤を取るためには、木材の芯を外して木取りする必要があるため、四方柾と同じく『天地柾』=『直径が大きな木材を使用している』=『樹齢の長い木材から製作された盤』の証でもあります。
「榧の天地柾」と言えば、碁盤の極上品の代名詞になっています。盤の価値が非常に高い木取りです。

碁盤については、「碁盤の選び方」で詳しく説明いたしております。是非ご覧ください。
創業1916年。盤作り一筋100余年、代々「盤師 吉田寅義」を襲名し、盤作りに全身全霊を注ぐ「三代目吉田寅義」製作盤です。
吉田寅義製作の盤にはその証として、「一如(いちじょ)」の揮毫(きごう)が入っています。
この「一如」という言葉は「物心一如(ぶっしんいちにょ)」を由来とし、「盤作りにおいては、盤と心が一体でなければならない。」という信念が込められています。故に、「盤と心が一体となって作り上げた盤である証」として「一如」という揮毫が入っているのです。
長年に渡る修練と日々の努力の積み重ねによって作られた、盤師 吉田寅義製作の盤を是非ご覧ください。
  • 新榧卓上碁盤 天地柾 2.9寸 1枚盤 *訳有品
    商品番号 No.79040F
  • サイズ(縦×幅×厚み)
    459 mm × 427 mm × 90 mm
  • 重量:約7.1 kg
  • 証明書付き
  • 日本国内一律送料1,000円、お買い上げ総額20,000円以上で送料無料
天然の木材を使用しておりますので、小さなハブシやフシ、入り皮、小さなキズやヘコミ、色シミ、辺の小さな欠けなどの瑕疵がある場合がございます。
可能な限りテキストや画像でご案内しておりますが、表示されてない場合もございます事をご了承ください。

この製品を見た方におすすめ

最近閲覧したもの