黒木碁石店

懐志作 「老松(おいまつ)」 碁笥 柾目 超特大 ~40号碁石用 GKOM-SB40-204-01

0件
¥145,000

税込み 送料計算済み チェックアウト時

木工挽物職人 懐志製作の「老松(おいまつ)」碁笥です。

高級銘木として知られる「老松(おいまつ)」の柾目碁笥です。

碁笥の素材としては非常に珍しく、ほとんど市場には出回っていない希少品です。
珍しい碁笥、希少な素材の碁笥をお探しの方にお勧めの逸品です。

◎「懐志」の碁笥製作の動画をご覧いただけます。
ぜひ、ご覧ください。


寛政年間(1790年頃)創業の老舗
木工挽物の老舗「懐志」は、寛政年間(1790年頃)に創業。
創業当初は、挽物師としてお盆や皿などの食器を製作していましたが、その後、碁笥製作を依頼された事をきっかけに、碁笥専門の挽物師となりました。
「懐志」という言葉には、「代々受け継がれてきた技と、誠心誠意碁笥作りに励むことを忘れず、志高く己の懐にその思いを刻む」という思いが込められています。
現在は、碁笥作り一筋六十五年の四代目が、日々碁笥製作に精進されています。

四代目「懐志」の碁笥作りの真骨頂は、素材である「木」の美しさを最大限に引き出し、実用性と芸術性を兼ね備えた碁笥作りにあります。
一つ一つの素材と向き合い、指先と掌に伝わる感触を確かめながら、木材を碁笥へと生まれ変わらせていきます。
そして、その証が碁笥の底面に刻まれた「懐志」の刻印です。

碁笥作りの道具はすべて手作り。
必要な道具は、自身で鉄を鍛えてカスタマイズします。
*画像をご確認ください。

柾目の木目が細くまっすぐにくっきりと通った美しい碁笥です。
松材はヤニを多く含んでいるため、ヤニ止めを施しておりますが、ヤニ成分が表面に染み出てくる場合もございます。
碁石を入れる場合には、碁笥を乾拭きした上でご使用ください。
また、碁石を長期間入れたままのご使用はお控えください。碁石にヤニ成分が付着する場合がございます。
「老松(おいまつ)」は、松の古木の事です。
樹齢数百年の老松の中心部分は「肥松(こえまつ)」と呼ばれ、その美しさから木工品の素材として珍重されています。
松材は、ヤニを多く含んでいるため、製材、加工が一筋縄ではいかないというとても厄介な素材です。
製材時には、鋸の目にヤニが付着して引けなくなるため、油をかけてヤニを融かしながら製材することもあります。

一方で、ヤニを多く含んでいるため腐りにくいという面もあり、木色、木目の美しさから、人気の高い素材でもあります。

碁笥については、「碁笥の選び方」で詳しく説明いたしております。是非ご覧ください。
*「老松」は、大変珍しい素材のため、「碁笥の選び方」ページに説明はございません。ご了承ください。

  • 商品詳細
    製品名:老松(おいまつ)碁笥 柾目 ~40号くらいまで
    製品番号:GKOM-SB40-204-01
    適合碁石:40号位までの碁石が入ります。
  • 日本国内一律送料1,000円(お買い上げ総額20,000円以上で送料無料)
天然の木材を使用しておりますので、小さなハブシやフシ、入り皮、小さなキズやヘコミ、色シミ、辺の小さな欠けなどの瑕疵がある場合がございます。
可能な限りテキストや画像でご案内しておりますが、表示されてない場合もございます事をご了承ください。
●こちらの碁笥には…

この製品を見た方におすすめ

最近閲覧したもの